2016年 02月 20日

TYPE-A バトルコスチュームver. カスタムリリィ

c0313286_23535787.jpg アゾニンターナショナルとacus
「アサルトリリィ」の派生「カスタムリリィ」
ALC012-ABK
TYPE-A リリィバトルコスチュームver.
髪色 : ブラック

ヘッド原型
 遠那かんし(りゅんりゅん亭)
アイペイント
 あど(cbcd.)
ボディ原型製作
 澤田工房
キャラクターデザイン
 細居美恵子(松風工房)

ボディはピコニーモS関節強化版(白肌)


 関節強化版が気になって買ってきた。色々遊びたいが、アクションフィギュアのようにガシガシ遊ぶには向いてないみたい。



c0313286_23535798.jpg
c0313286_23533232.jpg

c0313286_23533239.jpg
 ハンドパーツはグー、チョキ、パーと、持ち、つかみの5種類。最初はパーが本体に装着されている。

c0313286_23533214.jpg
 ピコニーモはどうもジョイントと穴の大きさが合わない。ハンドパーツの穴をナイフで軽く2周して広げた。

c0313286_23533282.jpg
 普通。

c0313286_23533259.jpg
 怒り。ポニーテール後頭部、太め。

c0313286_23533274.jpg
 笑い。サイトテール、短め。

c0313286_23533286.jpg
 ブランクさん。

c0313286_23533241.jpgc0313286_23533236.jpg
 関節強化版は肩と股の可動範囲が大幅に強化されている。膝かかえこみ座りも寝そべりもできる。
 いつの間に服がなくなっているが、動かしていたら勝手に脱げた(笑)
 旧型の可動はこちらの葵さんを見てほしい。


c0313286_23533269.jpg
 関節強化版ということで、可動はとてもよくできている。とくに肩の二重関節は良かった。ポーズが決まるので動かしていて楽しい。問題は、パーツがボロボロ外れる。ジョイントを合わせる穴が全体的に小さいのもストレスになる。今回はいつもみたいに無理に動かしてないのだが、ボロボロ外れる。足首がニーソックスなので、一度外れるとはめるのが大変。
 可動は面白いので、あとはパーツの問題を解決してほしいと思うが、考えてみればこの小さいサイズでこれだけできるのってすごいことなのかもしれない。

[PR]

by hobbyincrease | 2016-02-20 00:38 | ドール | Comments(0)


<< M4A1 リトルアーモリー      みどり 校庭に半分埋まっているタイヤ >>